今月の
オススメ新刊
セレクション

KADOKAWAの文芸情報サイト「カドブン」のレビュアーが、今月の新刊からオススメ作品をレビュー!

2018年6月のオススメ作品

\6月のカドブンセレクションは豪華7本立て/
オススメの新刊&カドフェス対象作品をご紹介!

現役TVマンが読み解くこの小説の「くせがスゴい」ベスト4!『パンク侍、斬られて候』

『パンク侍、斬られて候』は主演:綾野剛、脚本:宮藤官九郎、監督:石井岳龍で映画化される。6月30日公開だそうだ。このメンバーを見ただけでも個性的な映画であることが想像できると思う。しかし逆に言うと……

カドブンで読む

『パンク侍、斬られて候』

町田 康
定価:本体640円+税
発売日:2006年10月25日

どんでん返しにやられる!元お笑い芸人による横溝正史ミステリ大賞受賞の衝撃作『神様の裏の顔』

物語の舞台は葬儀会場。教師であり、引退後はアパートを建て大家をしていた坪井誠造が68歳で逝去した。彼はその誠実な姿勢から、神様のように崇められていた。まるで著名人が亡くなったかのように、多くの参列者がやってくる……

カドブンで読む

『神様の裏の顔』

藤崎 翔
定価:本体680円+税
発売日:2016年08月25日

因果応報から逃れることはできるのか――。
妖しくどこか懐かしい、恒川ワールドの原点『夜市』

著者のデビュー作ともなるこの作品集には「夜市」「風の古道」の二本が収録されており、「夜市」は第十二回日本ホラー小説大賞受賞作でもあります。「ホラー」と聞くと、血が飛び散ったり、目に針が近づいてきたり、ゾン……

カドブンで読む

『夜市』

恒川 光太郎
定価:本体520円+税
発売日:2008年05月24日

読んだら旅に出たくなる。『楽園のカンヴァス』著者が勇気をくれる4編『さいはての彼女』

もしあなたが逃げ出したくても逃げ出せない、そんな日常に心が折れそうになっているなら、旅に出てみてはどうだろうか。『さいはての彼女』は、読者を前向きな気持ちにさせてくれる応援歌のような短編集だ。表題作である……

カドブンで読む

『さいはての彼女』

原田 マハ
定価:本体520円+税
発売日:2013年01月25日

戦争が終わった夜、一人の男が殺された――『ジョーカー・ゲーム』の著者が描く科学者の狂気 『新世界』

小説家である「私」こと柳広司氏のもとに、エージェントと称する謎の人物から持ち込まれた原稿。それは「原爆の父」と呼ばれた科学者、ロバート・オッペンハイマーの未発表の遺稿でした。内容は、第二次世界大戦終結に沸く……

カドブンで読む

『新世界』

柳 広司
定価:本体600円+税
発売日:2006年10月25日

人生のどん底から僕を救ったのは、金魚の化身のワケアリ美女? 直木賞作家がおくる、ひと夏の物語『金魚姫』

仏壇仏具会社の営業として働く潤。そこはいわゆるブラック企業。会社では過剰なノルマと上司からの罵倒、プライベートでは彼女と別れ、死を考えるほど疲れていた。とある休日、近所の夏祭りに立ち寄り、一匹の金魚を……

カドブンで読む

『金魚姫』

荻原 浩
定価:本体760円+税
発売日:2018年06月15日

死にたくない、大切な人の命を助けたい、幸せになりたい――欲望と希望が混ざり合う永遠の名作『火の鳥1』

あなたは手塚治虫を知っていますか。すでに伝説となっている巨匠の名前を知らない日本人は、ほとんどいないと思います。しかし、その著名さに比べると、作品を読んだことのある人は少ないのではないでしょうか。ある意味、近付き難い……

カドブンで読む

『火の鳥1 黎明編』

手塚 治虫
定価:本体880円+税
発売日:2018年06月15日

2018年5月のオススメ作品

『dele』

【あなたの死後、不要となるデータを削除いたします。】正反対の2人が遺された謎を解き明かす『dele』

『dele』

著者:本多 孝好

『シャーロック・ホームズ 最後の挨拶』

世界一の探偵と助手の「最後」を見逃すな!探偵小説の金字塔『シャーロック・ホームズ 最後の挨拶』

『シャーロック・ホームズ 最後の挨拶』

著者:コナン・ドイル 訳:駒月 雅子

『接触』

触れた相手に、乗り移ることができる――国境も時代も身体も超えた、SFサスペンス! 『接触』

『接触』

著者:クレア・ノース 訳:雨海 弘美

2018年4月のオススメ作品

『秋葉原先留交番ゆうれい付き』

オタクの聖地で奇妙なトリオが犯人捜し!コミカルなのに胸を打つ『秋葉原先留交番ゆうれい付き』

『雨に殺せば』

タイトルに込められた意味に驚愕せよ――直木賞作家の初期の傑作ミステリ『雨に殺せば』

『雨に殺せば』

著者:黒川 博行

『流転の虹 沼里藩留守居役忠勤控』

巨額の借金でお家崩壊の危機!?一気読み必須の時代×ミステリー小説『流転の虹 沼里藩留守居役忠勤控』

イラスト:角川文庫70周年ロゴ 「#角川文庫70周年」
シェアしよう!

  • facebookでシェアする
  • lineで送る